本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。
医療レーザー脱毛 詳細はこちら 男性の価格はこちら

医療レーザー脱毛 2種類の新レーザーによる美肌脱毛

施術の特徴
  • クリニックでしかできない確実なレーザー脱毛
  • 最新技術で痛みが非常に少ない
  • 肌質に合わせて、4種のレーザーを使い分け
  • 従来マシーンより大幅に施術時間短縮

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛は 1995 年にアメリカの FDA(日本の厚生労働省にあたる)が効果と安全性を承認 したことで普及しました。 安全で確実な効果を引き出すためには、専門的な技術や知識が必要と されるため、医療機関でしか使用が認められていません。
医療レーザー脱毛は、メラニン色素にのみ反応して熱を出すというレーザーの性質を利用しています。 毛根部分にあるメラニン色素に反応させて、毛を作り出す毛根そのものを破壊することで脱毛を行います。
IPL などの光治療器による脱毛ですと、「毛根だけに効かせる」ということができないため、照射出力を上げすぎると、 火傷などの副作用が起こります。そのために十分な脱毛効果を得られません。
本当の意味での「脱毛」は医療レーザー脱毛によってのみ可能となります。

2種類の最新マシーンで4つのレーザーを使い分け

当院ではジェントルMAX(GentleMAX)、ライトシア・デュエット(LightSheerDuet)という 2つの最新マシーンを導入いたしました。
それぞれに2種類のレーザーが付属しており、合計4種類のレーザー照射が可能です。
どの脱毛レーザーも非常に優秀ですが、患者様の肌質などに合わせて照射を選択します。

ジェントルMAX(GentleMAX)

ジェントルMAX(GentleMAX) キャンデラ社の脱毛レーザーであるGentleLASEとGentleYAGとの2つが1つになった最新鋭のレーザー脱毛器です。

GentleLASEは日本でもっとも多く使用されてきた脱毛レーザーであり、 当院で使用するGentleMAX にはその最新機種が搭載されております。
幅広い肌質の方に使用できるアレキサンドライトレーザーを搭載しており、 連続照射により施術時間も 大幅短縮できます。
日焼け後など、肌の色が濃い場合には、GentleYAG がお勧めです。 波長が長い YAG レーザーを搭載しておりますので、皮膚にメラニンが多くてもレーザーが毛根まで到達します。

レーザー深達度

2種類のレーザーを搭載

波長と深達度の違う2種類のレーザーを組み合わせることにより、治療範囲が多く、 患者様の肌質に合った最適な治療が可能となりました。

  1. GentleLASE 幅広い肌質の方に使用可能な日本で最も多く使用されているアレキサンドライトレーザー
  2. GentleYAG 色黒、日焼け後の方には波長が長いYAGレーザー

ダイナミッククーリングデバイス(DCD)

レーザー照射前に表皮を冷やすシステムで、痛みを軽減しながら安全に治療を行うことができます。
ジェントル MAX の最大の特徴は DCD システムです。
脱毛レーザーを照射すると表皮の温度は瞬間で高温に達します。 それにより、火傷、発赤が出ること があり、色素沈着の原因になります。 さらに、その熱によりレーザー照射ごとに痛みを感じます。 DCD システムはそれらの副作用を抑えます。

  1. レーザー照射直前に冷却ガスが噴射され、皮下約1mmを冷やします。
  2. 表皮を熱損傷から守り、発赤・色素沈着など副作用の発現と痛みを抑えます。
  3. 治療時間が短縮でき、患部の状態を見ながらの治療が可能となりました。

ライトシア・デュエット(LightSheerDuet)

大口径ハンドピース

元祖レーザー脱毛と言えばライトシアです。世界ではもっとも多く使用されている機種です。 ライトシア・デュエットには二つのハンドピースが付いております。
注目すべきは新しく付け加えられたライトシア HS。
まず、スポットサイズが 22mm×35mm と従来型のライトシア ET の約10倍の大きさになりましたので、 施術時間が大幅に短縮されました。 背中などライトシア HS を打ちやすい部位では施術時間が3分の1〜4分の1に短縮されますので、 患者様の御負担も非常に軽減されました。

痛みを軽減する仕組み

怪我をしたりして痛みがある時に人間は痛い箇所を揉むことで痛みをまぎらわしたりすることがあります。
皮膚の知覚神経の感度には許容量に限界があり、もし、「揉む」という触覚を知覚神経が感じるとことで、 「痛い」という痛覚を感じる能力が落ちてしまいます。 痛い部位を揉むことで痛みを軽減できるのは、そういう原理が背景にあります。 ライトシア HS は表皮を吸引することで、知覚神経の触覚に刺激を与え、痛覚を鈍らせてしまいます。 それにより、レーザー照射による痛みを大幅に軽減します。
さらに吸引により毛包が表皮に近づくためにより効果的に毛包に照射が可能です。 それにより非常に弱い出力でも毛包にダメージを与えることが可能になりました。

出力が弱くできることで痛みが大幅軽減するだけでなく副作用の出現も大幅に出現しました。
ライトシア HS は大きなスポットサイズと吸引補助技術で

  1. 施術時間を従来機の半分〜4 分の 1 に短縮
  2. 痛みを大幅軽減
  3. 副作用の発現を大幅軽減

することに成功しました。

ライトシア HS のスポットサイズは大きいために指先など細いところは打てません。 その場合にはライト シア ET の 9mm×9mm のハンドピースを利用します。
ライトシアETは ChillTop 技術で接地面が5度に冷やされており、 表皮を冷却することで痛みと副作用の発現を抑えます。
ライトシア HS が打てない部位は小回りが効くライトシアETでカバー。 それにより、全身に対して、痛みや副作用を大幅に抑えた安心・安全な照射が可能です。
ライトシア・デュエットは、患者様のご負担をどんどん抑えていく、まさに理想的なマシーンです。

レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は、レーザーを利用して毛根を破壊し、毛の再生を停止、または遅延させる医療行為です。

脱毛のメカニズム

  1. レーザーの光が皮下3-5ミリまで達します。
  2. レーザー光は毛胞周囲や毛幹のメラニンまたは栄養血管に吸収されます。
  3. レーザー脱毛でキーとなる組織(毛球、バルジ、毛細血管)に熱ダメージを与えます。
  4. 毛の再生が遅くなったり、また再生しなくなったりします。

毛周期について

レーザー脱毛はメラニン色素に反応し、周辺の組織に熱ダメージを与えることで毛の再生を停止、 もしくは遅延させる行為です。従って、毛根の部分に色素がないと反応しません。
ご自身で脱毛した毛根部分や、白髪など脱色された毛には反応しません。
更に、毛には発育・退行・休止といったサイクルがあります。
実際に活動している毛は毛の全体量の 30%とも言われています。
毛が抜け落ちる休止期にある毛根には、レーザーの効果はあまり期待できません。

毛周期は発育期から休止期までの期間のことをいいます。

  1. 発育期 - 毛の成長期→レーザーにもっとも良く反応します。
  2. 退行期 - 毛の成長が止まります。
  3. 休止期 - 毛が抜け落ちる→レーザーにあまり反応しません。

毛周期は毛の生えている部位によって異なります。
毛胞が毛周期のどの状態にあるかは毛胞ごとに異なりますので、数回のレーザー照射が必要となります。

施術の流れ

ご予約
お電話にてお問い合わせください。
カウンセリング
脱毛についての注意事項やお肌の状態、ご希望部位の確認をさせていただきます。
診察
レーザー脱毛に適応するかどうか、皮膚の状態チェックします。
トラブルがある場合は、まずそちらの治療を優先します。
施術前の注意事項
  • 照射前の日焼けは禁止です。 日焼けした肌では副作用が強く出る可能性があります。 日常から日焼 止めなど使用して日焼けをふせいでください。
    (足や手などを治療する場合も同様です、長袖・ズボンなどで遮光してください)
    日焼けをすると、レーザーが皮膚のメラニンに反応して炎症を起こしやすくなります。 照射前も照射期 間中も日焼けをしないように御注意ください。 照射後も1ヶ月は日焼けをしないように御注意ください。
  • 顔にレーザーを照射する場合、お化粧が残っているとレーザー光を過剰に 吸収してしまう可能性がありますので照射前は必ずお化粧をきれいに落としてください。 乳液・化粧水・日焼け止めだけの場合でもすべてを洗い流すか、ふき取ってください。
    手足に日焼け止めを塗っている場合も治療前にふき取ってください。
    照射前はお化粧を含めて化粧水乳液日焼け止めなどレーザーに反応する場合がありますので、 全てふき取っていただきます。
  • 脱毛ご希望であれば、毛抜きなどの自己処理を止め、少なくとも3週間は毛を生やした状態でいらし てください。 レーザーが毛を伝って脱毛のキーとなる組織にダメージを与えるため、毛が無い状態では 効果は望めません。
    脱毛照射前少なくとも3週間くらいは毛抜きなどの自己処理を止めてください。 毛根に毛がないとレーザーが反応しません。 施術前日にご自身で、施術部位を剃毛してご来院ください。
施術
  • 軽くゴムで弾かれる感じです。 慣れるまでは、ゆっくり当てていきますので、照射中は絶対に動かな いでください。
    毛が太く密集している部位は反応するメラニン量が多いため少し痛みを感じる場合もあります。 範囲が小さければ充分我慢ができますが、どうしても痛みを我慢できない方は、機械の出力を調節するなどして対応致します。 痛みに弱い方は無理をせずにおっしゃってください。
  • 照射した部位は赤くなり、少し熱い感じがありますが、 予想される症状ですので、御安心ください。 しかし、痛みが強いとかヒリヒリするなど違和感がある場合は必ず仰ってください。
  • 治療中はタオルにて目を保護いたします。施術中に眩しさを感じることもありますが、直接レーザー光を見ないように目を閉じておいて下さい。 直接、レーザーを見ない ように目を閉じておいてください。
  • 光に敏感な方は、照射部位全体に赤い発疹が出る場合があります。 これはアレルギーである「光」を 一時的にたくさん当てたためです。 一過性の現象ですので心配いりませんが、痒みが強い場合などは お薬を処方いたします。
照射後の経過と注意・予想される一時的な副作用
  • 治療が終わりましたら数分患部を冷却します。 終了後、患部を数分冷やします。
  • 毛穴状に赤い斑点や毛穴が膨らんで見えることがありますが、 毛のメラニンがレーザーを吸収し反応している証拠です。 心配はいりませんが、場合によっては数日続くこともございます。 治療過程の一 過性の症状ですので心配がいりませんが、1週間以上長引いたり、 痒みがでる場合は塗り薬・飲み薬の処方もございますのでご相談ください。 痒くて掻き毟ったりすると、その箇所が色素沈着になる可能性がありますので気をつけてください。
  • 毛穴が毛膿炎を発症する場合があります。 レーザーにより脱毛治療を施した毛は通常数日かけて抜け落ちるのですが、 うまく表皮から抜け出せず埋没したままとなり、それが異物として炎症をおこした状態です。 問題はありませんが2項と同様痒みが強い場合は一度ご相談ください。 特に自己処理(毛 抜き・毛剃り・ワックスなど)を長年に渡りされていた方に多くみられます。 自己処理の刺激のため表皮が硬くなり、毛が自力で抜けなくなったりするためです。
  • 皮膚の色、その日の体調などにより照射した部位に赤みが出たり(色素沈着)や逆に白く抜ける 色素脱失が起きる可能性があります。これも一過性のもので長くて半年程度で戻ります。
  • 一度に毛根を処理するため、まれに肌が乾燥する場合があります。 乾燥がひどい時はお手持ちのも のでかまいませんので保湿を心がけてください。 この場合お使いなる化粧品に香料などの刺激物が多く入っていないかをお確かめください。 または当院にご相談ください。
脱毛後の注意事項
  • 入浴・洗顔は本日よりされても構いませんが、照射部を強く擦らないようにしてください。 日に当たる部位には必ずサンスクリーン剤を使用し、日焼けしないように注意してください。 日焼けをすると色素沈 着を起こす可能性があります。
  • 照射部が少し赤くなる場合があります。 特にこの部分は日焼けしないよう、サンスクリーンを充分に使用してください。
  • 自分で引っ張って抜くと感染のリスクが上がったり、間違えて次の周期の毛を抜いてしまったりする恐れがあるため、実際の照射後の説明の際は毛を抜く行為はおやめ頂き、剃毛をお勧めしております。
  • 照射後は保湿と日よけが重要です。 ビタミンC誘導体ローション(VC Lotion)をお勧めしています。 VC Lotionは保湿とともに、酸化を防ぎ色素沈着を予防する働きがあります。
  • まれに照射部が一時的に色素沈着を起こす事があります。 これは反応性のもので日よけと摩擦を避けることを続ければ除々に薄くなります。
  • 体毛の周期は4〜6週間ですので、次回のご予約は1.5ヶ月~2ヶ月以内のご予約をお勧めしています。 最低でも3回以上、平均5回程度の照射が必要になります。
  • 心配な事がある場合はご遠慮なららずに、必ず受診してご相談ください。

硬毛化についてのご注意

極くまれに毛の硬毛化と言われる現象が起こる可能性があります。 これは毛の本数は減少するものの、毛が濃くなる・硬くなる・太くなる・長くなるといった現象です。 原因ははっきりしていません。 主に顔、首、上腕から肩、背中、おへそ周り、乳輪の周りなどで起こりやすいと言われています。 それらの部分はなるべくレーザーを当てないことをお勧めしています。
もし、硬毛化が起こった際には、通常よりも回数を多めに照射するなど、根気よく治療を行う必要が生じてきます。
時間もコストもかかってしまうということを御了承ください。

期待される効果

よく永久脱毛という表現を用いていますが、毛が完全になくなるわけではなく、 自己処理しなくても良い程度まで減って細くなるという状態にすぎませんので、正確には永久減毛と言います。
永久減毛とは、「一定の脱毛治療を行った後に再発毛する本数が、長期間に渡って減少すること」であり、 要するに「脱毛治療によって減毛された状態が長期に渡って維持されること」という意味で、 ほとんど自己処理をしないで良い状態のことを言います。
現在、医療ではこの「永久減毛」の定義が基本となっており、「永久脱毛」という言葉は ふさわしくないという見解が大勢を占めています。
当院は医療現場として治療を行い、これに従っております。 うぶ毛が1本もなく、まったくつるつるの状態にまですることではありません。

よくある Q&A

Q) 痛みはありますか?
A) 全くの無痛というわけではありませんが、我慢できる程度です。 機械の種類によって、輪ゴムでパシッと弾かれた程度のもの、チクチクと感じる程度のものがあります。 どうしても我慢できない場合は、照射エネルギーの調整などで対応しておりますので痛みに 不安な方でも安心して治療を受けられます。
Q) どのくらい時間がかかりますか?
A) 両ワキなら 10 分程度で終わります。当院は最新式の FDA(日本の厚生労働省にあたる機関) 認可の医療レーザー機器を使い分けており、短時間で終了します。
Q) 副作用はありますか?
A) 施術直後の皮膚の反応として一時的に赤みが生じますが数時間から数日で消失します。 レーザー脱毛を行ったことで体内・体外に何らかの悪影響があることはありません。
Q) 私の肌質にも合いますか?
A) 肌質に合わせて機器の使い分けが可能です。 当院は新規開業のため、2 種類の最新機器を揃え、4パターンのレーザーを選択することを可能としました。
医療レーザー施術価格はこちら

  • 無料カウンセリング受付中! WEB予約
  • 話題の施術が特別価格! 施術メニュー
  • 組み合わせ値引きもございます! 料金一覧
  • 新宿駅近くで気軽に通える! クリニック紹介
  • 医療レーザー脱毛 全身 38,000円(税込)
  • レーザートーニング 初回 4,800円(税込)
  • サーマクール 400shots 88,000円(税込)
  • フラクショナルレーザー 全顔 7,800円(税込)
  • テノール 顔+首 9,800円(税込)
  • ウルトラアクセント 19,800円(税込)
  • ヒアルロン酸注入 31,500円(税込)
  • スタッフブログ
 
PAGE TOP